« ~タガメ五令幼虫誕生とプレゼント企画~ | トップページ | ~タガメ♂の羽化~ »

~タガメ採集記成虫編と30万アクセス突破謝礼~

          今日は。GENZOUです。

皆さんのおかげで、アクセスが33万を突破しました。

ただの日記が嬉しい限りです。

本当にありがとうございます。

これからも宜しくお願い致します。

出来る限り、更新はしていきたいですね。




さて、本日28日タガメ観察に行って参りました。

ここのところ暑い日が続き、絶好の観察日和ではないかぁ~と少し張り切っていて、昼飯後

午後1時に自宅を出ました。


 

  持ち物は、ペットボトルに入った麦茶2本、デジカメ、網2本(大、小)、発泡スチロール箱

長靴の以上でGO。



  ちなみによくコメントで持ち帰ったのはいいけれど、着いたころに死んでいたといった

コメントをいただきます。上記の発泡スチロール箱というのはタガメを持ち帰りするための

ものです。

  発泡スチロール箱なのは、よく本に飼育ケースやバケツと書いてあるのですが、

それだとタガメは間違いなく溺れるか、水温の上昇によって家に着くまでに☆になるので

発泡スチロール箱がいい訳です。オススメです。

  さてさて、名阪自動車道を何事もなく快適に走り、現地へ到着。

暑い。果てしなく暑い。伊賀市は盆地なのでむわっとした熱気と湿度が堪りません。

しかし、GENZOUはこれこそが夏だ!と思うので暑さはそれほど苦にはならないのである。

現地の風景を以下に貼り付けました。

070623_004

上記の手前にある用水路にタガメがいるんです。盆前後から秋口の水が堰きとめられて

いる時に沢山見られます。

なのでコンクリートはあまり関係ないですね、ここでは。

水田の水はまだ入っているので、幼虫が多いと思われます。

水田内の稲も疎らに植わっていて、どことなくWILD感を漂わせていますね。

手で植えているためでしょうか?機械でこうはならないと思うので(笑)

さて、用水路にかかる丸太を渡って、堀上を攻めます。

一掬い目、「とりゃ!」と独り言。

とにかく採集中は独り言が多いGENZOUです(><);。

いきなり、マルガタゲンゴロウ2匹とハイイロゲンゴロウが迎えてくれました。

三重県ではハイイロゲンゴロウは確認されていないみたいですが、行くところ行くところ、

ボチボチではありますが、結構います。

どんどんと網を入れていきます。

タガメの2令終期が入りました。

070623_001

上記画像の中央付近の黄緑色のムシがタガメです。

秘かに中央右付近でハイイロゲンゴロウが写っていますね。

 

      しばらく網を入れ続けるとミズカマキリも入りました。

070623_003

中央付近の網の斜面をよじ登っていますね。

    しかし、ここではあまり昨年度ほど採集観察はできなかったので場所を変えることにしました。

 少し、時期が早かったみたいです。

 

    車で移動すること10分ほど、良いところが見つかったのでキックオフ。

ここもコンクリート張りがなされているのですが中央上のコンクリートの塊の左側は

コンクリートで固められているんですが、足場が良いためかタガメが見られました。

070623_005

中央の堀上にタガメが見られました。右側はU字のコンクリート張りで、ここには流れが速いので何も生物は見られません。

   さて、ゲームスタート。網を入れていきます。大量のオタマジャクシとヤゴ、マルガタゲンゴロウ、シマゲンゴロウが確認できました。

 これらは上記中央手前付近の水草が茂っているところで確認できました。


 徐々に、網を入れながら、画像奥のコンクリートの塊のところへ近づくと居ましたよ。

タガちゃん4令が(笑)(下画像)。

070623_006

さらに、網を入れていくと網の中でモゾモゾと動くのですが、

070623_007

タイコウチなのかタガちゃんなのか

よく分からなかったので、手を持っていくとカシーンと鋏んできました。

「ふっ、もはやタイコウチの所業ではないな。タガちゃんに決定!」と独り言。

上記画像の中央付近の水草に埋もれて見にくいですが、隠れております。

ちなみにちょっぴり痛かったです・・・。だって4令ですから鎌の爪が随分と鋭くなっているんですよ。

この元気良さに感銘を受け、お持ち帰り決定!。

大きさも並より小さめな感じの4令なので♂かな~と。

自宅に帰って見たら、腹がペコンペコンでした。相当の飢餓状態だったのでしょう。

   ここの堀上は5m位しかなかったので、一通り終えてから歩いて反対側の用水路兼堀上に網を入れることにしました。

  すると一掬い、二掬い位したところで、でっかいタガメの成虫♀が入りました。

070623_008

体が身震いするほど大きく羽艶も綺麗で体がまだフニャフニャだったので羽化したての

新成虫でした。

  いやぁ~、今年も良い物を見せてもらったと感動しました。

070623_009

上記画像の左上に網が置いてありますが、これはGENZOUの物です。

その右の用水路兼堀上で先の新成虫が入りました。

ここも、コンクリート張りになっていて、そこに溜まった泥に水草が茂って足場になっていたようです。

ここには、他にシマゲンゴロウ、マルガタゲンゴロウ、ヤゴ、オタマジャクシ、コオイムシ、

タイコウチが沢山見られました。



  場所を変えて、こんなところもポイントの一つですね。

070623_010

上画像の中央を緩やかに流れる用水路兼堀上では、5令幼虫が入りました。

070623_011

この5令幼虫は体が茶色をしていたのでもう直に羽化して新成虫となってくれるでしょう。

これで、コンクリート張りになっていてもタガメは居ることが証明されましたね。

ぜひ、皆さんも探してみて下さい。

最後に、採集したタガメの様子と新成虫です。

070623_012

水は入れていません。湿らす程度でそのまま、自宅まで持ちます。

発泡スチロールなので蓋をすれば中の温度は一定に保ってくれます。

間違っても、水を何センチも入れてチャプチャプと音が鳴るくらい入れて持ち帰ることのない様にしないといけません。

すぐにタガメが溺れてしまいます。

本日の成果

    タガメ2令         1匹        リリース

    タガメ4令         3匹        リリース 内一匹♂お持ち帰り

    タガメ終令        1匹        リリース

    タガメ新成虫♀      1匹       お持ち帰り

    タイコウチ幼虫      6匹       リリース

    コオイムシ        8匹        リリース

    ミズカマキリ       1匹        リリース

    マルガタゲンゴロウ    5匹       リリース

    シマゲンゴロウ      4匹        リリース

    ハイイロゲンゴロウ    4匹       リリース

    例の黒いやつ       2匹       即リリース

    ヤゴ             大量       リリース

    オタマジャクシ       大量       リリース

まだ、少し時期が気持ち程度、早かったかな~といった感じでした。

~~~~~~~~~~~~~~~~ではでは。~~~~~~~~~~~~~~~~

   

|

« ~タガメ五令幼虫誕生とプレゼント企画~ | トップページ | ~タガメ♂の羽化~ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ~タガメ五令幼虫誕生とプレゼント企画~ | トップページ | ~タガメ♂の羽化~ »